【副業紹介#13】アプリ開発の始め方は!? | メリット・デメリット・収入目安

アプリ開発はスマホなどで利用するアプリを開発し、アプリの開発料を顧客に支払って貰うことによって稼ぎます。また自分でアプリの企画~リリースした場合は、アプリを購入して貰ったりアプリ内で課金して貰うことや、アプリ内の広告収入によって稼ぎます。

アプリ開発には専門の知識が必要となりますが、スマホの普及が急速に進んだこともあり、需要が高くなり続けています。よって現状はアプリ開発のエンジニアも不足気味ですので、ニーズは非常に高いと言えます。

アプリ開発の始め方

アプリ開発を行うには、アプリ開発出来るプログラミング言語を学習する必要があります。実際にプログラミング言語が扱えるようになれば、アプリの企画・開発を行いリリースします。

また、クラウドソーシングサービスで顧客の要望するアプリを開発するという仕事も多いです。

アプリ開発のメリット

基本的には在宅で作業が可能です。また前述の通りニーズか高くなり続けることが予想されますので、未来も明るいです。

アプリ開発の単価は比較的高額ですので大きく稼ぐことが可能です。

アプリ開発のデメリット

アプリ開発のプログラミング言語の取得が困難(難しい)です。

また、主流のプログラミング言語が変わっていくことによって、新しく勉強をする必要性が出てきます。

アプリ開発の収入目安

顧客のアプリ開発の1件当たりの相場は約10万円。自分で開発~リリースまで行う場合をかなり稼げる可能性があります。

アプリ開発の勤務時間

自分でアプリ開発を行う場合は自由ですが、クラウドソーシングサービスで顧客の仕事を引き受けた場合は決められた納期に合わせて仕事する必要があります。

仮想通貨に必要な資格

特に必要ありませんが、プログラミングごとに検定や資格がありますので取得しても良いでしょう。

おすすめの記事