【WordPress】初心者に超オススメのテンプレート「Diver」とは!?

みなさんこんにちはわたるです!!

 

本日はこのブログで使用しているWodPressのテンプレートテーマ『Diver』について紹介していきたいと思います!!

 

わたる
この記事ではWordPressテンプレート『Diver』とはどんなものなのかについて説明します!
この記事の内容
  • 結論:失敗したくないならDiverがオススメ
  • Diverのメリット・デメリット
  • Diverの利用者の評判
  • Diverが向いている人

 

まず『Diver』とは有料のWordPressテンプレートテーマです。

 

 

WordPressには無料のテンプレートテーマも存在しますが、無料ですのでカスタマイズが難しかったり、サポートが無く全て自分で調べて解決しないといけないということになりません。

 

しかし『Diver』は有料ではありますが、非常にカスタマイズ性が高く、サポートもしっかりとしています。

 

実際に当ブログでも『Diver』を使用しており、その豊富なカスタマイズ性と手厚いサポートに助けられております。

 

 

そこで今回は1年以上『Diver』を使用している私が実際に使ってみた感想をメリット・デメリットを含めてくまなく解説します。

 

 

わたる
記事の後半には個人的に『Diver』に向いていると思う方を解説しますので最後まで読んでくださいね!

テーマ選びで失敗したくないならDiverがおすすめ!

Diverデモサイトトップページ

 

テーマ名 Diver
価格 17,980円
複数サイトへの使用 可能
カスタマイズ性
SEO対策
初心者向け

(操作のしやすさ)

サポート

 

 

『Diver』はWordPressで使用する有料テーマです。

WordPressにインストールすることで実際に使うことが出来るようになります。

 

私が『Diver』をオススメする理由は以下の3つです。

 

Diverをオススメする理由
  1. HTMLやCSSが分からなくてもおしゃれなサイトが制作可能!
  2. SEOが抜群で記事が上位表示されやすい!
  3. 購入は一度のみで複数サイトで使用可能!

 

ここからは順番に解説していきます。

 

ポイント①:HTMLやCSSが分からなくてもおしゃれなサイトが制作可能!

 

まずポイントの1つ目は「HTMLやCSSが分からなくてもおしゃれなサイトが制作可能」ということです!

 

わたる
いくら有料テンプレートを使うとはいえおしゃれなサイトを作ろうとすると自分でコードを書かないといけないと思いますよね?
しかし『Diver』ではHTMLやCSSを触らなくてもサイトのデザインやレイアウトをおしゃれにすることが出来るんです!!
カスタマイズ量はここでは紹介出来ないほど多く、上記の画像はあくまで一部となります。

わたる
他にも紹介したい機能がありますので、後ほど紹介させていただきますね!

 

上記は『Diver』を使用しているサイト様となります。(使用テーマが変更になっている可能性がございます)

 

『Diver』を導入することで、このようなおしゃれなサイトを制作することが出来ます。

 

是非参考にしてみてくださいね!!

 

ポイント②:SEOが抜群で記事が上位表示されやすい!

 

ポイントの2つ目は「SEOが抜群で記事が上位表示されやすい」ということです!

 

『Diver』は公式で「常にSEO対策のことを考えて作っている」と豪語するぐらいSEO効果が高いWordPressテーマです。

 

リッチスニペットにも対応しており、Google等の検索エンジンに優しいので、とても高い評価が得られます。

 

リッチスニペットとは?
ユーザーが検索結果画面からどのページをクリックするか、その判断を助けるための視覚的にページ内容が想像できるような情報のことです。
元々SEO対策がしっかりと施されているWordPressテーマですので、別途SEO対策用のプラグインをインストールする必要がないのも嬉しいポイントですね!!

わたる
『Diver』ではSEO対策のためのアップデートも頻繁に実施されます!!

ポイント③:購入は一度のみで複数サイトで使用可能!

 

ポイントの3つ目は「購入は一度のみで複数サイトで使用可能」ということです!

 

『Diver』は一度購入してしまえば、複数のサイトで使いまわすことが可能です。

 

通常の有料テーマですと、1つ目のサイトと同じテーマを導入しようとした場合もう一度購入する必要があります。

 

しかし『Diver』なら複数のサイトで使用可能な上にアップデートも無料ですので、いくつでもいつまででも最新の技術が盛り込まれたサイトの作成が可能となります!!

 

わたる
複数サイトを運営したい人には特にオススメです!!

Diverのデメリット

 

ここでは、私が『Diver』を使って感じたデメリットを解説させていただきます。

 

『Diver』のデメリットは以下の3つとなります。

 

Diverのデメリット
  1. 機能が使いきれない
  2. 他のテーマからの乗り換えが大変
  3. 価格が高い

 

ここからは順番に解説していきます。

 

デメリット①:機能が使いきれない

 

まず1つ目のデメリットは「機能が使いきれない」ということです。

 

つまりは機能が多すぎるということ。

 

わたる
代表的な機能は後で解説しますよ!!

 

本来ならメリットとなるはずですが、全ての機能を使うとサイトがごちゃごちゃしがちです。

 

解決策
  • サイトを作りながら本当に必要な機能を見極める
  • 使わないと思った機能は思い切って使わない

 

デメリット②:他のテーマからの乗り換えが大変

 

2つ目のデメリットは「他のテーマからの乗り換えが大変」ということです。

 

通常、他のWordPressテーマに乗り換えると、今まで使っていた記事レイアウトが崩れます。

 

『Diver』も例外ではありません。

 

WordPressのテーマにはテーマごとに固有の記事装飾機能がありますが、テーマを乗り換えると前のテーマの記事装飾機能が使えなくなります。

 

修正作業は1個1個手作業で修正していく必要があります。

 

わたる
元々の記事が多ければ多いほど修正作業が大変になりますね…
解決策
  • ブログ解説と同時にテーマを導入しておく

 

この一言に尽きると思います。

 

先に有料テーマを導入しておくことで「記事を修正する」という作業を省くことが出来ますので、収益化までの道のりも短くなりますね!!

 

デメリット③:価格が高い

 

3つ目のデメリットは「価格が高いということです。

 

『Diver』の料金は17,980円です。

 

正直に言ってしまうと、他のWordPressテーマに比べて少し高めです。

 

テーマ名 料金
STORK 11,000円
JIN 14,800円
AFFINGER 14,800円
THE THOR 16,280円
SWELL 17,600円
Diver 17,980円
賢威 27,280円
GENSEN 34,800円

 

上記の表は代表的な有料のWordPressテーマです。

 

こう見てみると『Diver』の価格は確かに高いです。

 

しかし、WordPressのテーマは長く使用するものですので、長期的にみると価格差はあまり考えなくても良いと個人的には思っております。

 

さらに、表の中で一番安い『STORK』は『Diver』と違い複数サイトでの使いまわしは不可能です。

 

解決策
  • 長期的に見てWordPressテーマを選ぶ

 

わたる
複数サイトで使う予定ならなおさら『Diver』がオススメですね!!

Diverのメリット

 

ここからは、私が『Diver』を使って感じたメリットを解説させていただきます。

 

『Diver』のメリットは以下の3つとなります。

Diverのメリット
  1. マニュアルが充実している
  2. サポート体制が万全である
  3. 入力補助機能が充実している
  4. 広告を一括で挿入できる
  5. その他のカスタマイズ機能も充実している

 

ここからは順番に解説していきます。

 

メリット①:マニュアルが充実している

 

まず1つ目のメリットは「マニュアルが充実している」ということです。

 

『Diver』には専用のマニュアルサイトがあります。

 

 

 

トップページのカスタマイズや機能の使い方が1つ1つ丁寧に解説されているので、基本的なカスタマズには困らないテーマです。

 

ここに書いていないことでも、後述のサポート体制が優れていますので個別に質問すれば大丈夫です。

 

わたる
ここまで丁寧にマニュアルサイトが作られているテーマもなかなかありませんよ!!

 

メリット②:サポート体制が万全である

 

2つ目のメリットは「サポート体制が万全である」ということです。

 

なんと『Diver』では24時間メールサポートが無期限、サポート範囲も無制限なんです!!

 

通常、WordPressの有料テンプレートはサポートが付与されていますが、その範囲は有期限であったり、テーマ固有の設定機能のみの対応となっているのがほとんどです。

 

しかし『Diver』ではテーマにない機能でも、「このようにすれば良い」というアドバイスを貰うことが出来ます。

 

 

 

ここまでサポートしてくれますので、前述のマニュアルの充実度も含めて『Diver』は初心者にオススメですね。

 

わたる
ここまでサポートしてくれるWordPressテーマはなかなかありませんよ!!

メリット③:入力補助機能が充実している

 

3つ目のメリットは「入力補助機能が充実している」ということです。

 

『Diver』では「入力補助」という視覚に訴えたブロック風カスタマイザーが使うことが出来ます。

 

Diver投稿編集画面

 

 

投稿編集画面(クラシックエディター)で上記の画面をいつでも呼び出す事が出来ます。

 

引用画面や引用、リスト、ランキングなどをボタン1つで作成出来ますので、簡単におしゃれな記事を作成することが可能です。

 

実はこの記事も「入力補助機能」を用いて記事を作成しております。(独自でコードは書いてないですよ!)

 

このような事が出来るんだ!!という参考にしていただけますと幸いです。

 

わたる
機能を呼び出すのは「投稿画面」ですが、応用次第でトップページ等にも使用可能ですよ!!

メリット④:広告を一括で挿入できる

 

4つ目のメリットは「広告を一括で挿入できる」ということです。

 

例えばGoogle Adsenseやアフィリエイトの広告を記事に配置しようとすると、1つ1つの記事に手作業で貼らなければならないと思います。

 

しかし『Diver』ならたった1か所に広告コードを貼りつけるだけで全記事に一括で広告を挿入することが出来ます!!

 

Diver広告設定画面

 

上記が『Diver』の広告設定画面になります。

 

1つのコードを貼りつけて、広告を表示したい箇所を選ぶだけで全記事に一括で広告を挿入出来ます。

 

既に投稿済みの記事にも広告が反映されるので非常に便利です。

 

わたる
作業時間短縮にも貢献しますね!!

メリット⑤:その他のカスタマイズ機能も充実している

 

最後に紹介するメリットは「その他のカスタマイズ機能も充実している」ということです。

 

『Diver』にはまだまだカスタマイズ機能があります!!

 

Diverの管理画面

 

 

このように管理画面にも『Diver』独自の設定項目があります。

 

ここではトップページのファーストビュー画像の設定が出来たり、SEOの設定、トップページに表示するお知らせの設定などが出来ます。

 

 

Diverのウィジェット設定画面

 

 

他にもウィジェットの設定画面でも『Diver』独自のウィジェットが設定することが可能です。

 

プロフィールを作るためのウィジェットが用意されていたり、タブウィジェットと呼ばれるおしゃれな記事表示が出来る機能もあります。

 

カスタマイズ機能についてもっと詳しくしりたい方は『Diverデモサイト』にて詳しく解説されてますので、気になる方はそちらをご覧くださいね!

 

 

わたる
カスタマイズ機能が多いので簡単におしゃれなサイトが作れますよ!!

Diverの良い評判

 

ここからは実際の『Diver』利用者の評判を見ていきましょう!

 

  • Diverの良い評判

https://twitter.com/spg_tabi_mile/status/1407995932541526018

https://twitter.com/mu_ran_net/status/1407669771860987909

 

まとめてみると以下のようになります。
  • 特化型ブログやアフィリエイトに向いている
  • SEO対策がしっかりしている
  • 初心者にも簡単に設定出来た

 

SEO対策がしっかりしている点や初心者にも簡単に設定出来るといったコメントが多い印象ですね!!

 

わたる
本気でサイト運営に取り組みたい方には特に『Diver』はオススメですね!!

【結論】Diverが向いている人はこんな人!!

 

 

ここまで長らく説明しましたが、結論として『Diver』に向いていない人は下記の通りです。

 

  • 既にたくさんの記事を投稿しているサイトに使いたい人
  • 収益化を目指さない人
  • デザインが好みでない人

 

いくらカスタマイズ性が高いとはいえ、デザインにはテンプレート独自の特徴があります。

 

『Diver』を使用しているサイト様やデモサイトをご覧になって、デザインが好みでない場合は別のテーマを検討した方が良いかもしれません。

 

わたる
デザインを気に入っている方がブログに愛着が沸き続けやすくなります。
逆に『Diver』に向いている人は下記の通りとなります。
Diverに向いている人
  • テーマ選びで失敗したくない人
  • カスタマイズ性の高いテーマを選びたい人
  • 手厚いサポートを求めている人
  • Diverのデザインが好みの人
  • アフィリエイトに強いテーマを選びたい人
  • 複数のサイトで使える有料テーマを探している人

 

以上となります。

 

サイトのカスタマイズは出来ることが多すぎて最初は慣れないとは思いますが、使いながら徐々に慣れていけば問題ないでしょう!!

 

わたる
Diverのデモサイトを見ながら自分でいじっていけば大丈夫です!!

 

なお今回はWordPressテーマ『Diver』を紹介させていただきましたが、このサイトでは他のオススメ商品も紹介しております。
気になる方は合わせてご参考いただけたら嬉しいです。
今回は以上となります。
また次回の記事でお会いしましょう!!
では。
おすすめの記事