後輩が会社を辞めた。それでも僕は彼を応援する。人生に幸あれ。

突然だが、後輩が会社を辞めた。

 

別に同じ部署って訳ではなく、僕が北の方の営業所時代に同じ管轄にいた後輩です。

一般的に「会社を辞める」ってなると引き留めようとするものだよね。(特に上司連中は)

 

でも僕はそう思わない。

辞めたいのなら辞めればいいと思うし、それも人生の選択のひとつだから。

 

彼はまだまだ20代半ば。転職するのなら早い方がいいのは間違いない。

それも考慮した上での決断だったのであろう。

 

僕は仕事内容が嫌だとか、転勤の多さに耐えられないだとか、給料が不満だとか何かしらの不満があるのなら積極的に転勤するのはアリだと思っている。

 

 

そもそも新卒で就職する時なんて何も分からない状態で就活してるんだし、働いてみて考えが変わることもあるだろう。

いくら転勤OKということで会社に入っても結婚や家庭状況の変化で転勤NGになることもあるんだし。

 

僕の会社も多少はマシになってきたのかもしれないが、転勤がむちゃくちゃ多いし、本人の希望が尊重されている気配はまるでない。

僕自身も現在7年目だが3回転勤している。

 

仕事内容もあるだろうが、彼もそういうところに嫌気がさしたのだろう。

既に働き口も決まっているとのことなので、そこで頑張ってさえくれればいいと思う。

 

僕は彼を応援したい。

彼の人生に幸あれ。

おすすめの記事