【副業紹介#5】ウェブライターの始め方は!? | メリット・デメリット・収入目安

ウェブライターとは、パソコンでブログなどの記事を書いて収入を得る副業です。比較的簡単に始められる上、パソコンさえあれば特別な知識が無くても始められるため人気の副業です。

アフィリエイトもウェブライターの枠の中にも含まれますが、ここでのウェブライターはクラウドソーシングサイトなどで記事作成の依頼を受けるものをウェブライターと呼ぶこととします。

ウェブライターの始め方

ウェブライターの始め方はとても簡単です。パソコンとネット環境を用意し、クラウドソーシングサイト(クラウドワークス等)で仕事を引き受けて、クライアントの要望に沿った記事作成し納品することで報酬を得ることができます。

ウェブライターのメリット

パソコンで作業を行いますので、どこでも作業出来ることが最大のメリットです。

また経験を積めば自分のブログ開設の際に役立ったり、本の出版に繋げることも可能と言えるでしょう。

 

ウェブライターのデメリット

始めた当初は1文字あたりの単価が低いことが多いです。タイピングスキルが低かったり、記事の手直しが多いと実作業時間に対する報酬が低くなりがちです。

また基本的に受け仕事となるため、クライアントの要求に合わせる必要が出てきます。単価が低い仕事が多いと大きく稼ぐのは難しいといえるでしょう。

ウェブライターの収入目安

始めた当初は月~3万円程度が目安でしょう。1文字あたり1円が相場です。(ちなみにこの記事は800文字程度です)

また、専門分野のライティング(資格の必要なもの等)は単価が高くなる傾向がありますので、そちらに特化すればある程度稼げるでしょう。

ウェブライターの勤務時間

人によって自由です。受け仕事が多いので、自分の都合に合わせて仕事を受注すれば良いでしょう。

ウェブライターに必要な資格

基本的に必要な資格は必要ありませんが、専門分野の記事を書きたい場合はその分野の資格があれば有利です。

また、タイピング能力や文章力が大切な副業ですので、そとらを重点的に鍛えることをおススメします。

おすすめの記事