【副業紹介#2】YouTuberの始め方は!? | メリット・デメリット・収入目安

YouTuberとは、Google社が提供している動画視聴・提供サービスです。YouTubeで稼ぐためには、動画を投稿してそこでの視聴回数に応じた広告費で稼ぎます。俗にいう「ユーチューバー」です。

 

YouTuberの始め方

前述の通り、YouTubeに動画投稿をして稼ぎますので、動画を撮影・編集・投稿しなければなりません。動画を投稿するスタイルによっては撮影機材が必要ない場合もありますが、基本的にはビデオカメラが必要となります。スマホでも撮影可能ですが、より綺麗な画質を求める場合は別にビデオカメラを用意した方が良いでしょう。

 

また、撮影した映像をそのまま投稿することも可能ですが、動画を編集することが望ましいです。編集のためには別途動画編集ソフトが必要となります。動画編集ソフトには無料のものも沢山ありますが、より高度な編集を行いたい場合は別途有料動画編集ソフトを購入した方が良いでしょう。

 

動画編集が終わったらYouTubeに投稿します。

 

YouTuberのメリット

メリットは好きなことで稼げる可能性があるという点です。趣味の様子を撮影した動画で大きく稼いでる人も沢山います。好きな事が出来るので比較的長続きすると言えます。

 

また底なしに大きく稼げる可能性があると言えます。視聴回数が増えれば増えるほど稼げますので、1本の動画が当たれば一気に稼ぐことの夢ではないでしょう。

 

YouTuberのデメリット

大きく稼げるとは言いましたが、デメリットが沢山存在するのもYouTubeです。

 

まず1つ目はYouTubeの収益化までの道のりがとてつもなく大変な点です。昔は動画投稿さえすれば誰でも広告を付けて稼ぐことは可能でしたが、現在はYouTube側が指定した条件を満たさない限り広告を付けること(収益化)が出来ません。その条件は適宜変わりますのでここでは名言しませんが、動画投稿から収益化まで1年近くかかる人は沢山います。それまではただ働き同然ですので挫折してしまう人が続出しています。

 

2つ目は動画編集の労力です。凝った動画を作成しようと思えばそれなりに動画を編集しなければなりません。正直撮影よりこの編集が大変で時間をかけている人は大勢います。

 

3つ目は市場飽和していることと昨今の芸能人の参入が増えていることです。YouTubeで動画を見られている方は分かるとは思いますが、毎日無数の動画が投稿されております。人と同じことをしていては当然動画は埋もれてしまい、視聴回数を増やすことが出来ません。また元々影響力のある芸能人が続々と参入しておりますので、一般人の動画を見て貰うのは難しいと言えるでしょう。それらを回避するには手を出している人が少ない分野の動画を投稿していく必要があります。

 

YouTuberの勤務時間

作成する動画内容と投稿頻度による。毎日投稿を実践しようとすると自由時間は全て動画に捧げる覚悟が必要。

 

YouTuber収入目安

0円~数億円と幅広いです。収益化出来ていれば1再生あたり0.1円~0.3円と言われております。推測ですが、月5万円程度稼ぐには登録者5,000人程度が目安と言えます。

 

YouTuberに必要な資格

動画投稿に資格は必要ありません。ただし特定分野に資格者として参戦したい場合はそちらの資格を取得しておいた方が良いでしょう。

おすすめの記事